2008年07月28日

公取委、着うた参入妨害でレコード会社に審決

ケータイWatchより。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/41116.html

まあ、レーベルモバイルの存在自体がいびつですからね。
ただこの審決という部分で、だからどうなの?とイマイチよく分からない。
これによって、にじちぅ?にも配信許諾くれるのかしらん?w

まあもともといくらアニメ・ゲーム系とは言え、レーベルモバイル近辺でビジネスしようとしても無駄だったからあえて違う確度から攻めて今のにじちぅ?があったりするわけですが、ユーザーさんのリクエストを見てたらやっぱ何とかしたいよなあと言うのも正直なところで。

まあ怖いのは、形式上他社にも出すけど法外な仕入れ価格で事実上の独占を続けることですかねw
んで、それでも買うところが出てきて、結果中堅弱者の他社も追随せざるを得ず、結果ユーザーへの価格転嫁へと進みいっこうに価格が下がらないという・・
適正な競争が担保されるのならいいのだけどどうなんだろう。
posted by にじちぅ? at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。