2008年07月29日

無料着うたサイトに未来はあるのか?

自分のとこ[にじちぅ?]で精一杯なんでヨソサマのことなんか偉そうに言ってる場合ではないのですがw
ただ、無料系の着うた・うたフルサイトってのは当然にじちぅ?のような公式有料系と対極にいるわけですし、我々ももしビジネスになるのなら検討すべきモデルであり、当然とことん自分なりに研究しています。

で、著作権と原盤権について凄く分かりやすい記事を見つけた中でこの話題に触れられていましたので触発されて書いてみたいと。

http://parame.mwj.jp/blog/adiary.cgi/0177
ほんとはこういう素晴らしい文章をテメーで書けってなもんでしょうが、私はきちっとまとめて話せないので無理ですw
これに乗っかる形で無料系着うたサイトのモデルについて考えてみたいと思います。

結論は、先行大手ごく一部以外全部赤字で1年以内に相当淘汰される・・です。
まずJASRACに信託された著作権の範囲で原盤を用いずコンテンツを作ると言う点で、記事にもあるようにグレーでモデルとしては成立します。
また、オリジナルでなくどこの馬の骨かも分からない歌手が歌ってもタダがいいと言う層と、有料でもオリジナルがいいと言う層は明確に違い、これは好みの問題なのでとやかく言うつもりはありません。ニーズがあれば商売は成立します。

問題はユーザーにコンテンツとしてのニーズはあれど、サイトに広告主のニーズはもうないという点です。

無料ですから当然広告収入しかありません。また原盤を使いませんから(相当安いとは言え)曲自体の制作が発生します。常に新曲をリリースし続けないとすぐ飽きられますから、ひたすら曲を作らねばなりません。制作費自体は安いけど、あまりニーズのないものも含め全方位で作っていかねばなりません。これはボディブローのようなもので意外とくると見ています。
仕入れが発生するのと同じようなもので、当然不良在庫も出ます。
ま、安いから誤差なんでしょうがw

さて、ユーザーはDLするためには広告をクリックするか、モバゲーのようにスポンサーサイトに会員登録してptを貰うしかありません。実際は各無料系勝手サイトがお互い広告を株式持ち合いのように出稿しあっていて、ユーザーはひたすら無料系サイトを登録しあうワケです。

AのサイトからBを登録し、そのBで今度はAの広告からAの会員になる。そうするとAとB両方でptゲットみたいな。
で、それ以上欲しければ有料サイトへの登録になります。当然より多くのptが貰えるようになっています。

さて・・このような構造のサイトへ出稿したとして・・・我々のような有料系公式サイトは全く広告効果がないことは断言します。
だって痛い目みてっからw

純広告バナー系でクリックインセンティブ型(1回クリックしたらxxpt貰える型)は、恐ろしい程みな即帰りですw サイトの中身どころかトップすらろくに見ません。
今時こんな広告に出稿すること自体ナンセンス。
アクセス数稼いで飯食える時代はとっくに終わってます。

モバゴールドに代表されるインセンティブ付アフィリエイト型は、ptだけ欲しいから会員になるわけで、当然即退会で、退会率が恐ろしい数字になる。
ただそれでも1度でも会員になれば月額1回分は回収出来るという部分もある。

いずれにせよ無料サイトを巡回している層に餌をぶら下げても餌だけとられるんですよね。当然です。出す方が悪い。

そもそも無料で何とかしたい層だからこそこの手のサイトを使うわけで、その層がお金を出してまで有料サイトに登録しますか?
無料で何とかしたい層に有料サイトの広告を出すこと自体ズレてるわけです。もっと費用対効果のいい広告はたくさんあるのに。

だから、無料系サイトが広告を出すのが普通なんです。
有料公式型のmusic.jpがこの手の無料着うたサイトに片っ端から出稿してるのは私には全く理解できないわけで。もちろん無料曲もあるんだけどね、ここには・・・だけど有料が本質でしょう、ここは。だからMTIの株は怖くて買わなかったんだ!(爆

例えば着うたが欲しいから占いサイトで有料課金してptをゲット、無料着うたを落として占いサイトを退会・・・だったら、オリジナルの着うたを最初から買いなよ!w てな話でしょ。

ここがモバゲーやEzGreeと違うわけですわ。同じ仕組みを使ってるけど全然違う。
モバゲーやEzGreeはコミュニティだからアバターを着飾りたい、コレクションしてアピールしたいと言うような欲求がモバゴールド欲しい!と言う原動力になってます。
だけど、無料着うたサイトの場合単純にタダで曲が欲しいだけ。
カネ払って意味不明な素人の歌を落とすならオリジナルを買うわけです。タダだからこそ安直カバーにも価値があるんです。
だからこの手のサイトから有料課金登録するならよっぽど興味のあるものに限られる。

ユーザーが満足する程ptを獲得できるには、気軽に貯められるクリックインセ型広告が豊富なことがマズ必須。
そして次に登録面倒だけどスポンサー無料サイトがたくさんあってptをしょっちゅう獲得できること。

これが実現しないと、最初に2-3曲落として限界を感じるか飽きてさよならです。25万人とか100万人とか言っても、コンスタントにサイトに来てくれる人数はいったいいくらなの?ってこと。
サイトにも来ないユーレイが15万人いたら、25万人会員のいるサイトでも価値なんてないわけでw

ユーザーからしたら思うようにptが貯まらず、出稿側からすれば無料サイトオーナーしか広告を打つ気にならない。中堅以下の無料着うたサイトはこの状況になっているところが結構あると思います。
少しでも費用対広告効果を考えたら規模の大きい老舗に集まってしまう。ニコニコやmixiはすぐ埋まるようにね。

つまりこのようなユーザーと出稿側の両方の不満を打破するには規模感しかなく、直感的に10万20万程度のユーザーだと厳しいでしょう。ユーレイが多いモデルなのでw
広告料金にもよるけど、この程度のサイトの純広告に30万円とか出すのなら会員数が一桁違う無料HP制作系にでも出す方がまだマシだと思う。

なので、着歌sやゴルゴンゾーラクラス(自称100万人突破)の規模感なら成立しえるでしょう。ほんとにそんだけいるならねw でもちゃんと回ってる感じですね。広告もまだ豊富に出てるし。
でも例えば「うたババァ」クラス(自称25万人)とかだと多分広告が回らないでしょう。
私だったらこの規模だったら出稿しませんw

うたババァ見たけど、トップのバナー広告は3社程度の固定で、バナーが違ってもリンク先同じなど痛々しさが光ってます。1階層下など別のバナーが入ってますが、ローテーションする程広告が来てないんですから数は少ないですね。
成果報酬型広告も数が少なく、同じ無料着うたサイト同士で広告を張り合うなど異常な状態です。ライバル同士で誘導しあうなんて金貸しのリストじゃあるまいし・・・・

だから広告収入っていっても、ダンピングとバーターの嵐で見た目程あるとは思えない。代理店経由なら25%はもってかれるし。
楽曲制作費、サーバー費、各人件費、システム運営費、広告費そしてJASRAC代 1DL毎5円を考えたらどうみたってこの規模だと赤字にしか見えないけどどうか?
ましてや、曲管理DBや会員管理DBを我々にじちぅ?のように安く完璧に作ってくれる開発者がいればまだしも、レベニューシェア等で外注したりでもしたらアウトですわw 大体システム面は開発系の会社がレベニューで受けることが多く、想定どおりに収入が上がらないと大体関係悪化して沈没しますw
システム屋はタダ働きとは言わないまでも、スカスカの月額売上になるわけですからね。

何となく話がそれたけど、無料の着うたサイトのモデルは出稿側の視点から見ると、(効果が薄いという点で)非常に危険で広告価値が今後激減するモデルなわけです。何とか戦えるとすれば100万人以上会員を抱える先行大手数社のみ。2年でそのクラスに持って行けるだけの自信と財力がなければ恐らく息切れします。

だから私は怖くてそのモデルは選べなかった。
モデルとしては面白いのだけど、想像以上に先行者&大手が強いんですよ。規模感こそが唯一の尺度になるモデルなんだから。
いくら面白くて機能豊富で素晴らしいサイトでも会員が2,3万人とか言われたら出稿できんですから。
otabaとかFilnなぞ発想はよくても2年も3年も経ってこの規模なら広告として成立しないわけで。
あー成立してるから2年も3年も維持できるわけですから、成立しないというのは言い過ぎか。要は頑張っても大した利益にならないんじゃ?ってことです。
いくらセグメント化されていても小さすぎる規模ではCVR 0.2%とかの場合何人来ますのん?ってなことになるわけです。
セグメント化したので10%来ます!なんてことはあり得ないので。

有料モデルの方が敷居が高く会員規模も小さいけど、きちんとやれば遥かにリスクは小さいと思いました。
また個人的にはオリジナルが好き、オリジナルで勝負したい想いもあったからそっちを信じたんですね。

これに加え記事にもあったように原盤元が逆襲した場合はまさに終わります。まあユーザーニーズ自体はあるんだし、原盤元もこの程度許容して曲の認知度が上がる方でヨシとするくらいの度量は欲しいですけどね。
アーティスト名抜いて「鳥の詩」って書かれたら、Liaか杉田かおるのどっちさ?みたいなw

ここを叩いても、もとから無料で探すユーザー層が有料オリジナルをDLするともCDを買うようになるとも思えないです。

ほんとは私も無料系巨大サイトで広告収入で運営できるサイトを何かやってみたいのだけど、上記理由でなかなかGOできないんですよね。うーん・・・

結論:
無料系着うたサイトは近々大きな再編・淘汰がおこる
原盤元やRIAJ(日本レコード協会)が何らかのアクション起こせば中堅以下死滅
広告モデルでモバゲータウンをぱくっただけなら成功しない
posted by にじちぅ? at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | にじちぅ?ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。