2008年10月27日

ニフニフ動画が終わってた・・・次はセカンドライフですな

ふと思い立ってニフニフ動画を見てみたら、10/7にひっそりと終了してたw いつ終わるかだけ気になってて、ツキイチでチェックしてましたがよくもまあ引っ張ったなと。

Niftyの会社HPのリリースにも出さないくらいこそっとなので、サービスイン時に大々的にプレスリリース出したのは何だったんだ?と思うくらい。
さてこのニフニフ動画、そもそもはニフティの試験的試みとしての逃げ口上がありますが、中身はここ数年でももっとも失敗したサイトとして実用書のネタにすべき案件だと個人的には思っています。
誰か本書かないかなw

何故そこまで酷評するかと言うと以下その理由。
■チャレンジ、テストパターンと言えば聞こえがいいが、それを隠れ蓑に誰も真剣にリスクを負っていない
■安直に既存サービスを真似てるだけで付加価値が一切ない
■開発者もスキルが低く、GUIや操作性では全くセンスがない
■公開後低迷しても誰も責任を負わないから放置、開発費を開発会社に提供しただけ

と、まあ企画した人間、はんこおした人間、開発した人間、運用している人間と全部が最低クラスの集合でここまでの駄作ができあがったと。

まず成功者に乗っかってパクリ企画をたてるのはいいと思う。
だからニコニコをパクルのは全然あり。
でも、まず根本的に
・動画とコメントの表示箇所が上下で離れてる
などは、企画者と開発者がいかにニコニコを見てないか、利用してないかが如実に出ています。
動画にコメントが付いて面白いのは、動画の画面上に様々なコメントが付くから。これを見づらいなどと勘違いして、動画をしっかり見せつつコメントも・・などと言う勝手な発想で動画とコメントを分けてしまうから全くツマラナイサイトになった。

コメント職人など独自の文化すら理解しないままただ似たようなものを雰囲気で作っただけ。企画者がド素人なら開発者も開発案件に愛を感じないやっつけクソプログラマだと思う。

元々悪ふざけだと言い訳の伏線を張ると言う卑怯な入り方だから、それが使いづらい、サービスとして成り立っていなければ総スカンは当然。本来もっと酷評されるべきが、驚く程みな無言でスルーしたのは如何にユーザーの方が分かっているかってこと。
再認識しました。w
ここまでスルー、放置された大手運営サイトもないんじゃ?
いじってももらえないのですからね。
私が運営担当プロデューサなら耐えられないですわ。恥ずかしくて。

そしてもはや完全停止状態に近くなっても半年以上意地で運営を続けていたのを、突如10/7に停止。3月決算のニフティからすれば、中間決算のタイミングでもない。
実に中途半端な時期だけど、これは世界恐慌が見えてきた時期と一致しますね。いくらなんでも社内でコスト見直しが緊急課題にあがって、不採算事業を急遽整理しろと号令がかかったように思えてなりません。ま、こんな放置サイト、もはや運営費もかかってないでしょうがw

ニフティ会員のみなさん、ニフティ株主のみなさん、もっと怒るべきかとw この無駄遣いで儲かったのは開発元だけですからね。
どことは言いませんけどね・・・開発会社・・w

さて、上記勝手な[世界的不況で不採算サイトや事業は整理せざるを得ない]のが流れならば真っ先に思い浮かべるのが[セカンドライフ]でしょう。
今までもここのブログで私も個人的に全否定を繰り返してきましたが、もはや日本市場は崩壊してますよね。
誰もいない、継続率も2%とかあり得ない数字で、参加企業も放置でしょう。

アホみたいに担いだ広告代理店はやっぱりアフォでしたという状況で、恐らく代理店各社の社内ではもっとも先に見直し淘汰される事業がセカンドライフ系3D仮想空間広告事業じゃないでしょうか。

特にセカンドライフ自体は、その空間とアバター自体がチープな割にライト層の参加には要求マシンスペックや設定などハードルが高いと言うトンチンカンな状況ですから参加者が増えるはずがないのです。

恐らくこの一気にきた大不況が多くの企業の決算月である3月を待たずして事業清算へと進むでしょう。
そろそろ「何故セカンドライフは失敗したか」なんて本を執筆してる調子のいい業界人間もいるんじゃ?w

もちろん私自身高みの見物ではなく、この不況で閉じねばならないサイトもあります。もちろん「にじちぅ?」は好調でこれからますます前進あるのみですが・・・
だからこそ、ニフニフ動画のようにふざけた志でなんちゃってでお金を浪費するのが許せないんですね。

ユーザーさんに振り向いて欲しかったら地べた這いずり回ってでも真剣にサービスのことを考えて、コスト削減しながら進めないと。
posted by にじちぅ? at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108694872

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。