2009年02月20日

いよいよ始動? 各ケータイプラットフォーム vol.1

昨年春から秋にかけて、ケータイのプラットフォーム(OS含)で大きな動きがありました。これが本格的に動き出す、もしくは軌道に乗ってくるのが09年初頭から春にかけてでしょう。

そこで自分の備忘録も兼ねて書いてみたいと思います。

まず明らかになっている各陣営の動きですが、以下にまとめられると思います。
■OHA(Open Handset Alliance) Googleメインで「アンドロイド」
■LiMo Foundation  Linux陣営 「Linux」
■Symbian Foundation シンビアンメイン ノキアが親会社「Symbian OS」
■Windows Mobile マイクロソフト
■iPhone  アップル
■BlackBerry RIM(リサーチ・イン・モーション)

よーさんありますなあ・・w

OHAはGoogleのアンドロイド団体とも言うべきで、OHAよりもアンドロイドって言った方が遥かに分かりやすいですね。クアルコムもOHAメンバーであることからアンドロイド端末を手がけています。
このOHAには日本の3大キャリア(ドコモ、au、SB)がいずれも参加しています。
http://www.openhandsetalliance.com/oha_members.html

クアルコムと一心同体でかつGoogleとの提携が国内では随一だったau(KDDI)が上記リストでドコモよりも上に掲載されているあたり、より密だと言えるのかも知れません。

一方、ノキアが買収したシンビアンは、ノキアが主導していくと思った矢先の08年秋、オープン化のための「Symbian Foundation」設立を発表し周りを驚かせました。
恐らく現状のケータイプラットフォームで最もシェアも機能性も一番なのがこのシンビアンOSでしょう。以前このブログでもドコモの「F-01A」が劇的に速くて使いやすいと書きましたが、まさにこれがシンビアンOS搭載モデルですね。
日本では富士通やシャープ、ソニエリでの採用が有名かと。

Symbian Foundationに参加する企業は以下の通り。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/parts/image_for_link/203734-42867-9-1.html
ドコモとSBは参加しますが、auは参加しません。auはまあ当然で、シンビアンOSはCDMA2000端末で実装されていないからです。

Linux陣営のLiMoですが、以下の参加企業です。
http://www.limofoundation.org/en/current-members/index.php
ドコモが設立メンバーで、端末国内メーカーではNECとパナソニックが担ぎます。ソフトバンクもちゃっかり参入していますが、ここでもauの名前はありません。

この3つのケータイプラットフォームのオープン化に加えて、スマートフォンとしてWindows Mobileとブラックベリーがあるわけですね。iPhoneもスマートフォンですが、独自のブランドと強気の戦略でちょっと毛色が違うと言う感じでしょうか。

次にこれを国内3キャリアから見てみます。
vol.2へ続く・・

posted by にじちぅ? at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。