2009年02月23日

違法着うた配信で罰金500万円、「第3世界」運営者に判決

ケータイWatchより

以前も取り上げましたが懲役3年(執行猶予5年)、罰金500万円の有罪判決だそうで。罰金の単位、円じゃなくてドルでいいんじゃね?w

まあこの手の違法サイトはイタチごっこで少しづつ淘汰されていくのだとは思いますが。

このような違法サイト問題が記事になる度に思うことがあります。
私個人としてはまずASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)がもうちょっと真面目に提携媒体を管理すべきだと思う。
無料の違法サイトは広告収入がなければ、余程の酔狂者でもない限り長続きはしないわけで、おいしい蜜が出続けるから延々と続けるわけです。

RSSの自動張り込みだけのスパムブログもそうだけど、とにかくこういうインチキサイトをアフィリエイトのパートナーサイトとして認めるASPがいるからいけない。そういう意味で、ISP(インターネットサービスプロバイダ 要はOCNやNifty等々)だけでなくASPにも強い指導をするべきだと思う。

出稿主から高いアフィリエイト広告費を取り、一方でユーザーには全然換金しない極悪なポイントサイトの数も尋常じゃない。
こういう悪質なポイントサイトの最たる収入源はアフィリエイトなわけです。ASPにとって彼らは大事(売上面で優良)なお客さんだから少々胡散臭くてもどんどん通す。

ゆえに、もはやASPがモバイルネットの害悪になりつつあるとさえ思っちゃう。もうちょっと提携するサイトの質を高める審査をすべきだし、違法サイトやスパムサイト、悪質ポイントサイトを多く持つASPは市場から淘汰されるべきだと思う。

ワンタグ業者なんてのも低レベルなとこが多い。ホントろくな業者がないと断言しちゃいます!w

本当にユーザーに意味のあるネット環境にしたいよなあ・・・
posted by にじちぅ? at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114699211

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。