2009年03月23日

「S!電話帳バックアップ」のパケット通信に注意

注意!とか言うてる場合でっか・・と。
「S!電話帳バックアップ」は、携帯電話の登録されているアドレス帳データをソフトバンクのサーバーに自動的にバックアップするオプションサービス。利用料は月額105円となる。

 ソフトバンクでは今回、「S!電話帳バックアップ」の自動同期機能を「ON」にしたまま海外に渡航すると、海外でも自動同期機能が作動してパケット通信料が発生すると案内。海外渡航時はあらかじめ自動同期機能を「OFF」に設定するよう推奨している。


推奨って・・・なんか違う気がするけど。


なお、海外でのパケット通信の利用は、パケット定額サービスや割引サービスの適用外となる。また、自動同期機能を「ON」にしたまま海外渡航すると、パケット通信するにもかかわらず、「S!電話帳バックアップ」のバックアップはできない。

 さらに、自動同期機能を「OFF」に設定しなければ、「S!電話帳バックアップ」のサービスの解除後も定期的にサーバーにアクセスするため、パケット通信料が発生してしまう。

もう無茶苦茶でしょw

海外渡航中は知らぬ間にパケット消費されしかも定額サービス外なので、許容量超えてたら課金対象になる。
しかもこっちがもっとヒドスで、S!電話帳バックアップサービスを解約しても自動同期をOFFにし忘れたらパケットが発生。

国内なら定額制が適用されるだろうけど、例えばW定額で安く抑えようと思った月も本人想定よりも上ブレするってことよね、コレ。

まあ、ぎゃーぎゃー騒ぐ程のパケット量にはならないんだと思うけども、こういうのはイメージの問題。課金に関していい加減なキャリアだとレッテルを貼られても仕方ないのではないか?

少なくともサービス解約時点でパケット課金発生しないようにすべきだし、バックアップ指示の際に海外から来てたらエラーを出すなどやりようがないのかと思う。

恐らく端末内のS!電話帳バックアップ機能の仕様の問題だと思うけど、こんなの注意や推奨ですます問題ではないと思う。

[Y!]ボタンからのYahoo!アクセスでパケット課金する件といい、知らない人や無頓着な人、ライトユーザーのうっかり課金を容認する姿勢がSBクオリティとか言われても仕方ないような気がする。
posted by にじちぅ? at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ケータイネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがソフトバンク。高い携帯を安く買わせて、こういう事で代金回収・・・。

素晴らし過ぎて絶対にソフトバンクとの契約はしないぞ、と改めて認識させてもらいました。
やはりauが一番良いですね。
Posted by 高瀬みずき at 2009年03月24日 01:29
コメントありがとうございます。

本文にも書いたようにイメージの問題なのでこういうリリースは極力避けるべきですよね。
端末仕様ですぐにどうにもならないし、かと言って何もリリース出さずに放置もできんので・・と言うことでしょうが、そもそも仕様策定の段階で発想が甘いですね。

以前書いたインフラの問題とあわせ、私はソフトバンクは近い将来こういった細かいイメージの積み重ねで苦境に立つとは思っています。

今まで全速力で走ってきましたから、そろそろ足下を見直す時期だとは思います。
実はにじちぅ?も同じだったりするので、他人批判している暇があったら自分もがむばりますw
Posted by スタッフ1号 at 2009年03月24日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116098352

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。