2009年07月03日

"好きに生きる"と"好きなコトをして生きる"

自分と似たような考えの人だなあ・・とか、この人面白いこと言うなあとか、よくネット業界のコト知ってるなあなんて人を片っ端からブックマークし、RSSってな便利なものを使うことなくベタに巡回してたりしますがw

smashmediaの河野さんや切り込み隊長、ひろゆき氏なんかはやっぱ文章がうまいし惹かれること多しですわ。で、昨日忙しくて書けなかったのでちょいと。
河野さんのサイトでビビビと来たんですが、向こうのコメント欄でだらだら書くと申し訳ないので。

smashmedia:未来予想図があるかないか

なるほどなあとうならされた!

好きに生きるのは簡単。自分ひとりで、リスクを負わずにただ現実から逃げてるだけでもできてしまう。だけど好きなコトをして生きるには社会との関わりが必要で、責任とか覚悟とかいろんなものもついてくる(別に仕事にするかどうかは関係なく)。
これ、ほんとにそう思った!
と言うか、この業界ってワケじゃないと思うけど、リスクを負わずに偉そうなこと言って適当なことをしてるプロデューサやディレクターがほんとに多いと思う。

きちんと市場調査もせず、チーム内のリソースの把握もせず、誰をどう活かしてあげるのか、どうモチベーションを保っていくのかといったことも考えられず、そしてビジネスとして成功の絵をきちんと描きもせず勢いと内輪盛り上がりだけでヨッシャヨッシャで企画をGOしてしまう。
元フリーランス系プランナーさんとかこの傾向が強いので一緒に仕事する際はほんと慎重になります・・

で、当初の勢いほど成功しない、もしくは大失敗してしまった場合、
・会社が金を出さなかった
・成功する組織体制じゃなかった
・誰々が悪かった
・市場が(自分達に)追いついていない
と言う理由で「だから自分は悪くない」と言う総括をする。

ディレクターはプロデューサーのせいにし、プロデューサーは会社や経営者のせいにする。
自社他社関係なく私が関わった案件でも結構この手のパターンが多かったです。

自分もそうだったからよく分かるんだけど^^;、個々いろいろな理由で失敗は誰しも数多くあれど、何が悪かったかを上げた後、それをどうやれば良かったのか、自分に何が足りなかったのか、次にどう活かせばいいのかと言う反省、総括のできる人が少ないと思う。
延々と自分は悪くないと言う言い訳総括を責任者から聴かされるとほんと萎える・・

で、結果的にそういうタイプの人は次からどんどん仕事を任されなくなっていく。センスはあるのにもったいないなーって人がホントに多い。

でも、好きにやってる(好き勝手やってる)から、そして責任も覚悟もないから結局次がやってこない。ただそれだけ。

そうじゃなくて、「好きなコトして生きよう」ってのが響いた!
好きなコトして生きるのはホント大変。自分の判断ミスでプロジェクト(好きなコト)が終わるかも知れないし、スタッフのキャリアプランやモチベーションも考えなきゃいけない。パートナーさんや関連会社さんと一緒にハッピーにならないといけないし、それをユーザーさん(顧客)に還元していかないといけない。
お金も人も権限も全て自分にあるんだから言い訳も人のせいにもできない。したところで誰も聴いてくれないw

でも覚悟をして腹をくくってるから、例えば「にじちぅ?」の場合、休みの日だってイベント視察やブログ書くのだって苦にならないし、多分好きなコトして生きていられるから続けられるんだと思う。心が折れない限り。

こうやって偉そうなことを言い、考えられるようになったのはにじちぅ?で4年間鍛えられてきたからかなとか思う。
あとR35になったからだなw

にじちぅ?開始当初は初期投資によって(人件費もいれると)年間で数千万単位でかかっトル!と社長に都度囁かれて、毎日のように「100万ダウンロード達成!」とかリリース出す夢にうなされてたなw

20代、30代前半のディレクターが責任逃れしてると、まあ自分もそうだったなーとか思いながら「そうじゃなくてね・・」って話すんだけど、アラフォーな方とかもっと上が言い訳してるの聞くとまあ・・心が折れそうになる。
未来図が 描けない者ほど 無駄が続く
そして無駄ほど 人の気持ちを 削ぐ者はナイ
まさにそうだよなー。自分はにじちぅ?の未来予想図、スタッフの未来予想図、ちゃんと描けてるんだろうかと自問自答する日々。


posted by にじちぅ? at 12:04| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなに文章もうまくなくて(だから最近も誤解されて、知らない人に怒られたりしてます)、そもそもこれってマンガのセリフを紹介してるだけなんだけど、でもすごく響きますよね。

ぼくも自分がちゃんと好きなコトをして生きれてるかを考えましたし。
「湾岸ミッドナイト」は名言だらけなのでオススメです!
Posted by 河野 at 2009年07月04日 11:19
コメントどうもありがとうございます。

コメントしづらい文面なのにありがとうございますw 湾岸ミッドナイト読んでみます!

ただ同じ文章を読んでも名言、名台詞だと気づけるかってのは読む方のセンスだと思うので気づけるかどうか・・・
Posted by スタッフ1号 at 2009年07月04日 22:05
「湾岸ミッドナイト」はほんとオススメです。
とりあえず30巻くらいまでは100円とか200円で入手できると思いますので、ぜひ読んでみてください!
Posted by 河野 at 2009年07月05日 20:17
コメントどうもありがとうございます。

読んでみまする!
なやみの種は・・・
・コミックスを買うと置く場所がない
・電子コミックは高い
・マンガ喫茶だと繰り返し読めない
だったり。

中古の電子コミックないかな^^;
Posted by スタッフ1号 at 2009年07月05日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122713344

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。