2009年07月07日

ネット広告の停滞は課金ビジネスで救えるか

勝間さんの記事
個人的に勝間さんはソコソコ好きで著書も数冊持っていますが、この記事自体は・・うーーん的。番宣乙な感じ。大したこと言ってないw

で、
>これまで広告収入に頼っていたコンテンツプロバイダーも新しい収入源として課金サービスに目を向けるという流れになっている

ここから話を広げてみようと思う。


ま、ぶっちゃけ分かりやすいのはモバゲー、もっと分かりやすいのはGREE。特にGREEは最たるもので、SNSとしてmixiに抜かれ離されどうにもならなくなって、auにすがりモバゲーの真似して一気に好転、マザーズの期待の星にまでなった。

でもね。

公式サイトを数本運営し、数社の企業様のサイト構築、プロモーションをお手伝いした身からすれば、広告媒体、コミュニケーション媒体として成立してるのはmixiであって、GREEやモバゲーにはある一部の場合を除いて出稿する気にならんってことです。
まあ、mixi、GREE、モバゲーという3つの比較論ですけど。

一部の場合ってのはサイトイン直後や短期プロモ案件で、質は度外視とにかく数だオラ!的な場合のみ。
それ以外ではやっぱmixiの方が全然効果が高い。

本当の意味でそこに人がいて、プロモーションやマーケティングになり得る媒体は?って聞かれたらこの3者なら間違いなくmixi。
mixiがいい!と言うより、GREEとモバゲーでは話にならないから押し出された1番人気な感じ。
アイテム課金で売上、利益をかさ上げした媒体の末路は、コミュニティとしての価値がどんどん低下するってのが私の持論です。

質より数、ポイントサイト等でかき集めたい等には使えますが、本当に費用対効果を重視したい、人材確保の場としたい、テスターやマーケティングの場としたい・・と言うような場合には効果が薄い媒体だと思います。

ただこれは、広告媒体としての価値という話であって、売上額、利益率はまた別問題。理想は高くいいコミュニティでも全然儲からなかったら存続できないしね。
そう言う意味ではあと1年はGREEもモバゲーも「グイグイ!byオカレモン」とは思うけど。

ちなみに有名人ブログ広告とかはやったことないけど、1年前に数回出したアメブロはGREE、モバゲーよりも費用対効果が悪く、二度とやるもんか!と夕焼けに誓った記憶があるw
今はどうだろ。でもまあ参考値にもならないPVというシロモノをかさ上げするのに必死な会社だしなあ・・・貴重な予算使う気にならんよなー実際。

ウチも今課金コンテンツなんかできんかなーと思っていろいろ考えてるけど、課金コンテンツやるなら広告展開はオマケとしてしか考えないと言うか、自社広告がメインだと思うし・・・

mixiにはコミュニティとして勝負し続けて欲しいとは思う。
posted by にじちぅ? at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123013792

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。