2009年07月27日

ARが見せる新しいサービス

http://ura2ji.seesaa.net/article/124391717.html
新型iPhone 3GSにコンパスなんか付いて何すんの?と思っていたら、こんな面白いことができるんだなーと自分の勉強不足に呆れたり。
「電話、Eメール、次はAR」――「セカイカメラ」の最新デモを見た
まあ実際これが新しいメディアや生活ツールとなって、ビジネスを大きく変えたり何らかのパラダイムシフトが起きるの?って言うとまだ私にはそこまで想像できないんだけども。

でもモバイルガジェットの次の可能性として面白い分野だと思う。
で、iPhoneのARアプリはOS 3.1で解禁、9月以降ってのと、auのARアプリ「実空間透視ケータイ」てな部分。
iPhoneは秋のOS3.1でARアプリ対応の見込みに対して、auはau oneラボで開発、CEATEC2009で公開目標=展示会レベルで10/6ってことなわけで、実際のアプリベースでユーザーが使える時期という点では恐らくiPhoneに半年は離されるなあと。
しかも[au主導のアプリ]なら[BREW]なんじゃねえの?と思うわけでそれだけで目眩がしたりw

au、凄く頑張ってるんだけど今までのように自社で独自の企画で自分トコのラボで粛々と・・・ってことやってたらもうだめだと思うんだよね。GPSであれだけ先行しておきながら結局ケータイGPSならauってなイメージを作り出せないままもったいない状況になってるし・・・

au oneラボで公開中の地球アルバム以外にもアプリが出てくるそうなんだけど、もっとユーザーレベルからの企画を吸い上げてアプリに即活かせる、もしくは作品そのものを受け付ける仕組みを用意しないとあかんと思う。
au oneラボで実験中の企画やサービスってほとんど認知されていないし、ビジネスとしても話題になってないんだよなあ。そろそろきちんとマネタイズすべきでは?って気もするんだけど。
posted by にじちぅ? at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。